沖縄オジーの上等バイク見せてちょーらい!

Vol.24 CROSSBIKE 2018年9月号掲載

今回のオジーCHECKは... HONDA GROM 2016(後期)

US&ワンオフパーツ満載のウーハー搭載グロムだ!

どもっ!ストリートで話題騒然のバイクを紹介するこのコーナー。今回はカスタムオーディオフリークなら誰でも知ってるブランド「KICKER」さんのデモマシンをご紹介!グロム後期型の特徴あるマスクを脱ぎ去り三連LEDライトがインパクトありありな一台。で、各所にUS&ワンオフパーツがふんだんに使用されてるのもスゴイんだけど、サスガはオーディオブランドってコトでKICKERのウーハーやらシステムが装着されているのだ。では、早速見てみよっ!

HONDA GROM 2016(後期)
HONDA GROM 2016(後期)
ミニマムボディながらオーラ放ちまくりの姿に思わずウットリ。このクールさは尋常じゃありません。 ミニマムボディながらオーラ放ちまくりの姿に思わずウットリ。このクールさは尋常じゃありません。

全方位360°どこから見てもイカしてるUSDMなキッカーグロム。4インチロング化されたスイングアームもかなり目を引くサイドからのショット。

HONDA GROM 2016(後期)

COMPOSIMOのハンドルKITにKICKERのバイク用スピーカーPSM3が装着されるハンドル廻り。

HONDA GROM 2016(後期)

タンクにはBluetooth対応アンプコントローラーPXi-BT100.2をインストール。

HONDA GROM 2016(後期)

グロム後期型の特徴あるマスクから大変身。リジットインダストリーのLEDライトを(上から)Lo/Hi/フォグ装着。

HONDA GROM 2016(後期)

あのBOYDSにワンオフで作ってもらったというホイールが凄すぎ!

HONDA GROM 2016(後期)

旭日旗のプレートがイカしてるエキゾーストはHOTLAPのモノ。

HONDA GROM 2016(後期)

COMBIZの別体タンク式ショックやワンオフカーボンBOXサブウーハーが鎮座するリア廻り。

HONDA GROM 2016(後期)

キャリパーにもペイントでロゴが入る。

撮影協力店

最新且つ最高峰の サウンドが欲しいなら KICKERで決まり。

カスタムオーディオシーンの先頭を常に走り続ける「KICKER」カスタムフリークなら知らない人はいない、超有名ブランド。TOPに君臨しながらも、、攻めのスタイルがマジカッコイイのだ。

KICKER JAPAN (OG INC)
店舗名 KICKER JAPAN (OG INC)
HP →ホームページはコチラ